形よりも味を優先で

自分で作ったパンケーキ

あなたはスイーツが好きですか?そして、大好きなスイーツを自分でも作ってみたいと考えていませんか?それなら、最初に挑戦するものは、ごく簡単なものにするべきです。

できれば失敗は避けたいですし、最初に手痛い失敗をしてしまうと続けようという気力が萎えてしまうので、初めて挑戦するハードルは低めにしておくことがポイントなのです。

「自分でも作れた、おいしいものを作ることができた」「練習すればもっと上手になれる」と前向きに思えるような簡単な課題から挑戦することを考慮して、初めて作るスイーツを考えましょう。

お菓子作りの材料は様々なものが市販されており、あまり手間をかけず、おいしいものを簡単に作ることができるのでお勧めです。

中でも、パンケーキは初心者向けのメニューだと言えるでしょう。市販のパンケーキミックスを使えば、卵や牛乳の分量などを自分で計算しなくても、指定された通りにまぜればいいだけです。

パンケーキに添えるホイップクリームも、市販のものを利用すれば泡立ての手間もかかりません。ある程度、自分の作業がこなれて上手くなったら、ひとつずつ作業を増やしていけばいいのです。

初めての時は利用できる市販品があればどんどん利用しましょう。

もし、自分でスイーツを作りたいと思う理由が「誰かに食べてもらいたい」という気持ちからなのであれば、まずは形よりも「味」を重視して練習するように意識しましょう。

手作りだと形が不細工で恥ずかしい…と思うかもしれませんが、例えばパンケーキはトッピングやクリームなどでいびつな形をごまかせますが、味だけはごまかしようがないものです。

基本的には、パッケージなどに書かれている分量や作り方をきちんと守って、おいしいものを安定して作れるようになることを目指しましょう。

トッピングに使うフルーツなども、いきなり高級品を使うのではなく、どんな大きさや形にカットすればおいしそうに見えるのか、全体の見栄えのバランスが良くなるのかを研究するために、まずは安いものを使って練習してください。

そして、味や形ともに安定したものが作れるようになったら、好みのトッピングを揃えて、贅沢な理想のパンケーキを作りましょう!作り方が簡単で、材料もすぐそろえられるパンケーキは、初めて作り、自信をつけるスイーツにピッタリです。

誰かに手作りのスイーツを食べてもらいたいのであれば、まずはパンケーキから始めることをお勧めします。

2017年12月26日
スイーツ作りの第一歩

Post Navigation