全体の流れを体験してみる

パンケーキ作りの流れ

「自分でもお菓子を作ってみたい!」と思うのは女性なら誰でも一度はあるでしょう。しかし、失敗したら…という不安や、手間暇がかかるという億劫さから、なかなかその一歩を踏み出せずにいる人も少なくないものです。

そのためらいや不安の原因は、初心者にも関わらず、スイーツ店などで提供されているプロの一品と同レベルのものを作らなければなどと意気込んでしまうからではないでしょうか?「作るからにはキレイに、そして美味しく!」と思ってしまうのは仕方ないことですが、まずは基本を覚えて練習を重ねることが大切です。

その基本を続けることで、いずれ自分の理想通りのスイーツが作れるようになるのです。まずはハードルを下げ、簡単なものからチャレンジするといいでしょう。

初めて作るスイーツとして一番お勧めなのはパンケーキです。パンケーキの他には型抜きクッキーなども初心者向けです。

最近は、型を抜けばすぐにオーブンに入れられるという冷凍のクッキーシート生地なども売られています。しかし、型で抜くだけではさすがに「自分が作った」という充実感を十分に得られません。同じく市販品を利用するなら、パンケーキミックスを使ってパンケーキを焼く方がお勧めです。

「卵や牛乳を混ぜて溶くだけで、クッキーシートとあまり変わらないのでは…?」と思われるかもしれませんが、混ぜる、焼く、トッピングの用意をする、などなど、パンケーキ作りには簡単ですが複数の工程が必要です。

材料の調達から完成までひと通りの流れを体験してみることは、今後、他のスイーツを作る際の目安にもなります。

パンケーキのトッピングなどは事前に用意しておくことができるので、いざ作り始めてから慌てず作業に集中できるのもポイントです。

フルーツなどの飾り切りに時間をかけたり、生クリームを泡立てたり、余裕をもって作業できるでしょう。

とは言え、初心者にとって生クリームを泡立てるのは重労働ですから、初めて作る場合はハンドミキサーを使ったり、すでに絞り袋に入れられている市販品を使ったりすれば、もっと簡単に準備を済ませられます。

パンケーキの焼き上がりの大きさを揃えてキレイな見栄えを追求したいなら、セルクルを利用するといいでしょう。

しかし、このような準備をしておいても、最初から完璧に作れると考えてはいけません。初めて挑戦する時は、全体の流れと手順を覚え、失敗した点、改良すべき点を見つけるのだと心しておきましょう。

これから先、もっと上達しておいしいスイーツを作るために、まずは練習と研究の気持ちでがんばってくださいね。

2017年12月26日
続けることのコツ

Post Navigation